FC2ブログ

fx、豪ドル、NZドルに「オセアニアレポート」

マネースクウェア・ジャパン(M2J)がお送りする「オセアニアレポート」|豪ドル、NZドル、オセアニア通貨のfx取引に、オセアニア通貨の動向と見通しについて最新の投資情報を毎朝夕お届けします。

8日のアジア・オセアニア時間のオセアニア通貨は豪ドル、NZドルともに雇用統計の改善を受け反発

本日はニュージーランドオーストラリアともに雇用統計の発表が

あった。

ニュージーランドは2006年第4四半期の失業率が市場予想の3.8%を

下回る3.7%と発表され、マーケットはこれを好感する反応となった。

NZドル/ドルは昨日の安値0.68割れから反発していた流れを後押し

される格好となり0.68後半に値を戻している。

ここのところ、一貫して強い売り圧力にさらされていただけに、

本日の反発は下げとまりを示唆する良いきっかけとなったと

いえそうだ。

ただし、0.69からは上値抵抗が強くなってくるため、0.69台を

しっかりと回復出来るかが目先のポイントとなるだろう。



オーストラリアは1月の雇用統計が発表となり、雇用者数は減少した

ものの失業率が過去30年で最低の4.5%となったことを受けて豪ドル

買いに反応している。

今回の数字は労働市場が依然ひっ迫していることの表れであり、

雇用情勢の安定は個人消費を下支えする大きな要因といえ、豪ドルに

朗報であるとの指摘が強まっている。

また今週オーストラリア準備銀行が金利据え置きを決定しているが、

賃金と物価の上昇リスクがあるため、中銀は引き締め姿勢を維持する

との見方が対等し、これが豪ドルを下支える要因となり、2週間ぶりに

0.78台を回復している。



対円でも両通貨は、しっかりとした反発となっている。

豪ドル/円は94円ミドルまで上昇し、NZドル/円も83円台を回復した。

G7で円安懸念に言及されるリスクが小さくなったとの思惑も円売りに

安心感を与えていた。

さらに、本日は日銀の春政策審議委員の講演会があり、当面の金融政策

について先行き、特にインフレリスクが認められない中で金利調整は

急ぐ必要はないと指摘したこともクロス円が買い戻される要因と

なったといえよう。

ここのところ円の買い戻しが先行していたが、マーケットが落ち着きを

取り戻せば金利差が意識され円売りが出やすくなるという構図に

変化はないようだ。

ただし、春審議委員は「緩和的環境を維持しつつ、経済・物価情勢の

改善情勢に応じて、徐々に調整していくことも必要と考える」と

語っており、日銀は経済環境が許せば、金利の正常化に向けた利上げを

行いたいとの意向持っていることを覗かせている。

豪ドル/円、NZドル/円ともに現状の戻りで高値を更新できなかった

場合には、ヘッド・アンド・ショルダーを作り、下落基調に転ずる

可能性があるだけに、ここからの動きは慎重に見極めたいところだ。 (Y)







さて、

『もうマネーゲームには踊らされたくない!』

と思うあなたが、FX取引会社を選ぶ条件は何ですか?

低額かつ高いレバレッジで始められるという気軽さの裏側には、

常にリスクが存在しています。



200万円は外国為替証拠金取引で資産運用をするための最低ライン。

この余裕資金がリスク管理を可能にし、投資判断に必要な心のゆとりを

生むのです。。。



大切な資産をマネーゲームに踊らせたり、相場の値動きに一喜一憂する

のではなくしっかりとポジショニングやリスク管理を身に付けたい!

と、目先の利益よりもリスク管理の重要性に気づいたあなたへ。

『M2J』が提供する『プライベート バンキング ソリューション』では、

一目でポジション管理や運用シミュレーションが可能な【戦略シート】を

使用しながら、具体的な資金配分を考え、『M2J』独自の取引手法

【トラップトレード】で日々の売買戦略など、実践的なアドバイスが

受けられます。


続きを読む。。。



そして、あなたの大切な資産を預けた先の業者が、

「万が一倒産してしまったら大切なお金はどうなるの?」

と、考えたことはありませんか?

より高い透明性と安全性を追求した業界初の外為証拠金分別管理信託

『トラスト アカウント プロテクション』は、円だけでなくドルやユーロ等も

保全する画期的なシステムです。


続きを読む。。。 



本レポートは投資に関する断定的判断を提供するものではなく、また、その責任の一切を負うものではありません。投資判断はお客様ご自身でなさって頂けますようお願いいたします 。上記の為替レートは、参考レートです。
スポンサーサイト



  1. 2007/02/08(木) 18:20:29|
  2. オセアニアレポート