FC2ブログ

fx、豪ドル、NZドルに「オセアニアレポート」

マネースクウェア・ジャパン(M2J)がお送りする「オセアニアレポート」|豪ドル、NZドル、オセアニア通貨のfx取引に、オセアニア通貨の動向と見通しについて最新の投資情報を毎朝夕お届けします。

26日のアジア・オセアニア時間のオセアニア通貨は小動きながら高値圏でしっかりした動き、NZドルは対ドルで2ヶ月ぶりの高値に上昇

週明けのアジア市場では、オセアニア通貨は小動きながらもしっかりとした足取り

を続けている。

NZドルは対ドルで2ヶ月ぶりの高値をつけて0.71を窺う展開となっている。

先週末に米国で信用度の低い借り手を対象とした住宅ローン(サブプライム)市場の

低迷への懸念が強まったこと、米連邦準備理事会が今年中に利下げに踏み切るの

ではないかとの観測が強まったこと、チェイニー米副大統領がイランの核開発を

めぐって軍事行動の可能性を示唆したことで地政学リスクへの懸念などから、

ドルが全面的に安くなった流れを引き継いでいるといえよう。


オーストラリアニュージーランドで早期利上げ期待が高まるなか、米国経済へ

の不安感が高まっていることで相乗的に豪ドルやNZドル優位の展開となっている。

同様に、先週一週間続いた円売りの流れも継続しており、豪ドル/円やNZドル/円も

堅調な展開となっており、これもオセアニア通貨を下支えている。

豪ドルやNZドルは、円キャリートレードにおいてもともとの高金利という魅力に

加え、米国に対する不透明感が高まってきた場合は、より選好されやすい通貨

となるため、今週はクロス円の上昇が期待できるのかもしれない。


NZドル/ドルは1月の高値を抜けてきたことで、2005年12月の0.72レベルが視野

に入ってきた。


もっとも0.71台は2005年には何度も上値をとめられたレベルだけに、今回の上昇

も一筋縄ではいかない可能性もあろう。


押し目買い先行で行きながらも利食いを確実にして上抜けについていくという

戦略が重要となりそうだ。


前回上値を抜けているNZドル/ドル、NZドル/円に対して、豪ドルは対ドル・対円

ともに上抜けまで後一息のところで足踏みとなっている。

それは3月にも利上げが期待されているニュージーランド、利上げ期待があるも

のの漠然とした期待にとどまっているオーストラリアという差なのかもしれな

いが、消去法的に高金利で不安感の少ないオセアニア通貨が魅力的に移る状況に

変化はないものと思われる。 (Y)


さて、

『もうマネーゲームには踊らされたくない!』

と思うあなたが、FX取引会社を選ぶ条件は何ですか?

低額かつ高いレバレッジで始められるという気軽さの裏側には、

常にリスクが存在しています。



200万円は外国為替証拠金取引で資産運用をするための最低ライン。

この余裕資金がリスク管理を可能にし、投資判断に必要な心のゆとりを

生むのです。。。



大切な資産をマネーゲームに踊らせたり、相場の値動きに一喜一憂する

のではなくしっかりとポジショニングやリスク管理を身に付けたい!

と、目先の利益よりもリスク管理の重要性に気づいたあなたへ。

『M2J』が提供する『プライベート バンキング ソリューション』では、

一目でポジション管理や運用シミュレーションが可能な【戦略シート】を

使用しながら、具体的な資金配分を考え、『M2J』独自の取引手法

【トラップトレード】で日々の売買戦略など、実践的なアドバイスが

受けられます。


続きを読む。。。



そして、あなたの大切な資産を預けた先の業者が、

「万が一倒産してしまったら大切なお金はどうなるの?」

と、考えたことはありませんか?

より高い透明性と安全性を追求した業界初の外為証拠金分別管理信託

『トラスト アカウント プロテクション』は、円だけでなくドルやユーロ等も

保全する画期的なシステムです。


続きを読む。。。 



本レポートは投資に関する断定的判断を提供するものではなく、また、その責任の一切を負うものではありません。投資判断はお客様ご自身でなさって頂けますようお願いいたします 。上記の為替レートは、参考レートです。
スポンサーサイト



  1. 2007/02/26(月) 18:14:05|
  2. オセアニアレポート