FC2ブログ

fx、豪ドル、NZドルに「オセアニアレポート」

マネースクウェア・ジャパン(M2J)がお送りする「オセアニアレポート」|豪ドル、NZドル、オセアニア通貨のfx取引に、オセアニア通貨の動向と見通しについて最新の投資情報を毎朝夕お届けします。

30日のアジア・オセアニア時間のオセアニア通貨はオーストラリアの小売売上高を受け豪ドル・円は再び91円台を回復

本日はオーストラリアの10月小売売上高が市場予想の0.5%の伸びを上回り0.8%の伸びと発表された。
また10月の民間部門向けの与信の伸びも市場予想を若干上回ったこともあり、豪ドルは堅調な推移を続けている。
昨日米GDPの上方改定を受けてドルが買われたものの、オセアニア通貨に対してドルの戻りは限られたものにとどまり、本日のオーストラリア指標を受けて再度高値を試す展開となっている。

ドル/円が115円台を抵抗に底堅くしっかりとした動きとなっていることから、豪ドル/円も再び91円台を回復する動きとなっている。
目先的には91円ミドルはレンジの上限であり、これを上抜けるかどうかに注目されるが、抜けてきた場合は93円試しの展開が期待されよう。
NZドル/円も10月の高値79円ミドルがしっかりと抜けることが出来るかがポイントといえるだろう。

本日、日本銀行の野田忠男審議委員は、追加利上げのタイミングについて「予断を持っていない」としながらも、鉱工業生産を受けて年内の利上げ観測が高まっているとの見方について、「素直に受け止めたい」と述べている。
野田委員は「年内であれ、年明けであれ、あるいはその先であれ、追加利上げの時期については全く白紙で臨んでいる」と述べたものの、物価の基調について、「緩やかに拡大している」と言明。
その上で、9月の生鮮食品を除く消費者物価指数(コア指数)がプラス0.2%と低水準で推移していることについて、「物価水準の一点だけ見て金融政策を判断しているわけではない。将来、仮にこの水準にとどまっても、金融政策変更の判断にそれ自体が影響を与えるものではない」と語り、さらに海外要因などリスク要因について「顕現化する蓋然性はそう高くない」と指摘するとともに金融政策運営は「データの分析をフォワードルッキングに行って判断する」と語った。
利上げについては白紙といいながらも、利上げ意欲満々で、12月での利上げを強く印象付ける内容となっており、マーケットはやや円買いに反応することとなった。
ただし、利上げが直接継続的な円高につながるわけではないことは、ゼロ金利解除のときに経験しており、あまりマーケットのムードに乗る気にはなれない。 (Y)

本レポートは投資に関する断定的判断を提供するものではなく、また、その責任の一切を負うものではありません。投資判断はお客様ご自身でなさって頂けますようお願いいたします。上記の為替レートは、参考レートです。
スポンサーサイト



  1. 2006/11/30(木) 17:21:42|
  2. オセアニアレポート