FC2ブログ

fx、豪ドル、NZドルに「オセアニアレポート」

マネースクウェア・ジャパン(M2J)がお送りする「オセアニアレポート」|豪ドル、NZドル、オセアニア通貨のfx取引に、オセアニア通貨の動向と見通しについて最新の投資情報を毎朝夕お届けします。

31日海外時間のオセアニア通貨は、続伸。豪ドル円100.93円、NZドル円は89.84円の史上最高値を示現。

アジア時間に発表された豪貿易収支は、3月と比較して大幅に改善された

事が好感され、豪ドルは海外時間も引き続き上昇し続けた。米シカゴ

購買部協会景況指数が予想54.0のところ結果61.7と発表されるやいなや、

ドル円相場が上昇し、時を同じくして豪ドル円は 100.93円の過去最高値を

示現した。



AUD/USDは先日までの0.8170ドルが底堅いと判断され、また、株安も

NY株価の上昇により前回のような世界同時株安に波及しない事が

確認されると再び上昇に転じた。0.82ドルを安定的の乗せ、高値は

0.8291ドル。5月16日のレベルにまで上昇した。また、ドル円も

高値は122円に迫る121.98円とこちらも2月13日以来のドル高円安が

進行したことにより、豪ドル円は本日の史上最高値を示現する結果となった。

NZドルもつられて過去最高値を示現。NZドル円は89.84円まで上昇。

NZD/USDは0.73ミドルまで値を戻し、高値は0.7375ドル。



円キャリートレードと共に、豪ドル上昇の理由は他にも多くある。

活発なM&Aもその1つであると考えられる。米国の大手投資銀行の

モルガン・スタンレーは豪不動産投資信託会社インベスタ・プロパティ・

グループを47億豪ドルで買収する事を発表した。また、豪国外の

企業連合による豪航空最大手のカンタス買収の動きも見られ、M&Aは

豪ドル株式市場を上昇させ、豪経済を底上げしている。豪株式指標

ASX200は70.1(1.12%)上昇の6313.5と引き続き高いレベルで取引されている。



この日は、商品市場も続伸し、オセアニア通貨を後押ししている。

米実質GDPが過去4年来の低い結果になった事から一時ドルがユーロに

対して劣勢となり、金は再び投資先としての魅力が増したようだ。

NYCOMEX金先物8月限は前日比7.40ドル上昇の1オンス666.70ドルで

取引を終えている。また、原油は予想外の在庫減少が判明したことで

NYMEX原油先物5月限は前日比52セント高い1バレル64.01ドルとなった。



いよいよ、米雇用統計を控え、クロス円での値動きが注目される。

クロス円では本日史上最高値を示現したが、大台まではあと一歩。

ドルストレートでは、最高値レベルからはやや下のレベル。いずれにせよ、

1日、日本時間21時30分、目が離せない。 (T)




◆お取引を始められるお客様へ◆


「初めてで上手く利益を得られるか不安を抱えている。」

「いつもレートやニュース、含み損等が気になってしょうがない」

「損失を早く取り返したいが為についついポジションを多めに持ってしまう。」

といった「不安」「問題」


そして、
『FX取引においてうまくいっている投資家とはどのような人達なのか?』

『失敗パターンを繰り返してしまう投資家とはどのような人達なのか?』

『上手くいっているFX投資家のコツは何なのか?』

『失敗パターンを繰り返さないコツは何なのか?』といった「疑問」


「M2Jの投資哲学」では、こうした「不安」や「問題」「疑問」に一つずつ

お答えしております。

日本国内の外国為替証拠金取引パイオニアである弊社代表取締役社長

山本久敏が、特別に書き下ろした弊社のお客様だけに贈る投資哲学。

これまでの外国為替証拠金取引業界を見つめてきたその知見と、取引のヒント、

ポイントがすべて盛り込まれています。



外国為替証拠金取引にまつわる「不安」や「問題」「疑問」をひとつひとつ解き明かし、

集約した「M2Jの投資哲学」。


ついに完成です。


詳細はこちら


本レポートは投資に関する断定的判断を提供するものではなく、また、その責任の一切を負うものではありません。投資判断はお客様ご自身でなさって頂けますようお願いいたします 。上記の為替レートは、参考レートです。
スポンサーサイト



  1. 2007/06/01(金) 08:39:39|
  2. オセアニアレポート