FC2ブログ

fx、豪ドル、NZドルに「オセアニアレポート」

マネースクウェア・ジャパン(M2J)がお送りする「オセアニアレポート」|豪ドル、NZドル、オセアニア通貨のfx取引に、オセアニア通貨の動向と見通しについて最新の投資情報を毎朝夕お届けします。

21日海外時間のオセアニア通貨は、リスク許容度の高まりから高金利通貨が買われる展開で確りと推移

21日海外時間のオセアニア通貨は、アジア、欧州、NYの主要株式指数の

株価の値動きが上昇に転じたことから、リスク許容度が高まり高金利通貨

総じて買われる展開となった。オセアニア通貨は対ドル、対円共に

ジワジワ上昇し、NYクローズにかけて高値引けとなった。なお、

21日海外時間は重要な指標発表やイベントは見られなかった事から、

株価の動向にやや左右されるような展開となっていた模様だ。



NYクローズは、豪ドル/ドルは0.8470-75-ドル、豪ドル/円は104.80-85円、

NZドル/ドルは0.7635-40ドル、NZドル/円は94.45-50円で迎えた。



オセアニア通貨の上昇が著しい昨今であるが、特に対円での上昇度合いが

目立つ。その要因は円売りであるが、この事について本邦個人投資家の

動向が価格形成の鍵を握っていると言われている。これから来月にかけて

夏のボーナスシーズンを迎えることでFXや投資信託への投資マネーが

外貨買いの役割を果たすと見られ、需給の面から下値は限られ上値を追う

展開が考えられる。



一方、円キャリー取引が活発でマーケットのポジション分布が、

現状では円売り外貨買いに大きく偏っている。世界的な株安や人民元絡みの

ニュース等、主に外部要因による円高局面となった場合にまとまった

量のポジション解消が発生すると調整が大きく入るという見方もある。 (H)





◆お取引を始められるお客様へ◆


「初めてで上手く利益を得られるか不安を抱えている。」

「いつもレートやニュース、含み損等が気になってしょうがない」

「損失を早く取り返したいが為についついポジションを多めに持ってしまう。」

といった「不安」「問題」


そして、
『FX取引においてうまくいっている投資家とはどのような人達なのか?』

『失敗パターンを繰り返してしまう投資家とはどのような人達なのか?』

『上手くいっているFX投資家のコツは何なのか?』

『失敗パターンを繰り返さないコツは何なのか?』といった「疑問」


「M2Jの投資哲学」では、こうした「不安」や「問題」「疑問」に一つずつ

お答えしております。

日本国内の外国為替証拠金取引パイオニアである弊社代表取締役社長

山本久敏が、特別に書き下ろした弊社のお客様だけに贈る投資哲学。

これまでの外国為替証拠金取引業界を見つめてきたその知見と、取引のヒント、

ポイントがすべて盛り込まれています。



外国為替証拠金取引にまつわる「不安」や「問題」「疑問」をひとつひとつ解き明かし、

集約した「M2Jの投資哲学」。


ついに完成です。


詳細はこちら


本レポートは投資に関する断定的判断を提供するものではなく、また、その責任の一切を負うものではありません。投資判断はお客様ご自身でなさって頂けますようお願いいたします 。上記の為替レートは、参考レートです。
スポンサーサイト



  1. 2007/06/22(金) 09:07:50|
  2. オセアニアレポート