FC2ブログ

fx、豪ドル、NZドルに「オセアニアレポート」

マネースクウェア・ジャパン(M2J)がお送りする「オセアニアレポート」|豪ドル、NZドル、オセアニア通貨のfx取引に、オセアニア通貨の動向と見通しについて最新の投資情報を毎朝夕お届けします。

23日海外時間のオセアニア通貨は対円で総じて堅調な推移。

24日海外時間のオセアニア通貨は対円で反発を見せている。

先週末はNYダウの下げなどでクロス円全般が売られたことにより

オセアニア通貨も値を下げたが、本日はその分をほぼリカバーする

回復ぶり。特にNZドル円は前回高値をも超える97.73で取引される

場面もあって再び円キャリートレードの様相を醸し出したが、

値動き全体としてはゆっくりであり、活発な取引というにはほど遠い感の

ある一日だった。終値では豪ドル円、NZドル円で本日の取引を終えている。



なお明日25日はいよいよ豪消費者物価指数が発表となる。(日本時間10:30)

昨日23日の生産者物価指数が事前予想よりも好結果となったことも

あって期待は高まるが、現段階では前年比で1.9%という数値が

市場関係者のコンセンサスとなっているようだ。

1.9%ではオーストラリアが金融政策として採用しているインフレターゲット

(前年比で2-3%)の下限を割り込むこととなるので、もしこの数値が

現実化すれば、コンセンサスどおりとはいえ豪ドルが一時的に

売り込まれる可能性は高いのではないだろうか。

個人的な予想としては前回の2.4%に近い数値が出るのではと考えているが、

どちらにせよ今後の豪ドルの行方を左右する上で重要な指標となることは

間違いなさそうだ。 (K)





◆お取引を始められるお客様へ◆


「初めてで上手く利益を得られるか不安を抱えている。」

「いつもレートやニュース、含み損等が気になってしょうがない」

「損失を早く取り返したいが為についついポジションを多めに持ってしまう。」

といった「不安」「問題」


そして、
『FX取引においてうまくいっている投資家とはどのような人達なのか?』

『失敗パターンを繰り返してしまう投資家とはどのような人達なのか?』

『上手くいっているFX投資家のコツは何なのか?』

『失敗パターンを繰り返さないコツは何なのか?』といった「疑問」


「M2Jの投資哲学」では、こうした「不安」や「問題」「疑問」に一つずつ

お答えしております。

日本国内の外国為替証拠金取引パイオニアである弊社代表取締役社長

山本久敏が、特別に書き下ろした弊社のお客様だけに贈る投資哲学。

これまでの外国為替証拠金取引業界を見つめてきたその知見と、取引のヒント、

ポイントがすべて盛り込まれています。



外国為替証拠金取引にまつわる「不安」や「問題」「疑問」をひとつひとつ解き明かし、

集約した「M2Jの投資哲学」。


ついに完成です。


詳細はこちら


本レポートは投資に関する断定的判断を提供するものではなく、また、その責任の一切を負うものではありません。投資判断はお客様ご自身でなさって頂けますようお願いいたします 。上記の為替レートは、参考レートです。
スポンサーサイト



  1. 2007/07/24(火) 08:45:42|
  2. オセアニアレポート