FC2ブログ

fx、豪ドル、NZドルに「オセアニアレポート」

マネースクウェア・ジャパン(M2J)がお送りする「オセアニアレポート」|豪ドル、NZドル、オセアニア通貨のfx取引に、オセアニア通貨の動向と見通しについて最新の投資情報を毎朝夕お届けします。

14日アジア・オセアニア時間のオセアニア通貨は、対ドル・対円ともに方向感なく小動き。

14日アジア・オセアニア時間のオセアニア通貨は対ドル・対円ともに小動きの展開に終始した。

本日は外為市場全体に動意がなく、市場ではあすの日銀短観やバーナンキ・ポールソン両名の訪中を見極めたいとの思惑から様子見モードに終始することとなった。朝方こそ日銀が年内の利上げを見送るとの報道により円売りが台頭し、オセアニア両通貨とも対円で直近の高値を更新するもその流れは長く続かず、引けにかけては日銀短観前の利益確定によって値を抑えられ、方向感のない相場模様で海外時間を迎えている。

中国を訪問中のポールソン米財務長官から「通貨の柔軟性の短期的重要性について中国と協議する」「市場が為替の価値を決定すれば、中国の金融政策はより効果的」という人民元に対する圧力的な発言もあったが、市場ではこの程度の牽制発言にはもう飽きている様相もあり、反応は特に見られず。今回の訪中も何か具体的な取り決め等がなされなければ為替レートの変動要因となることはないだろう。 (K)

本レポートは投資に関する断定的判断を提供するものではなく、また、その責任の一切を負うものではありません。投資判断はお客様ご自身でなさって頂けますようお願いいたします 。上記の為替レートは、参考レートです。
スポンサーサイト



  1. 2006/12/14(木) 17:53:27|
  2. オセアニアレポート