FC2ブログ

fx、豪ドル、NZドルに「オセアニアレポート」

マネースクウェア・ジャパン(M2J)がお送りする「オセアニアレポート」|豪ドル、NZドル、オセアニア通貨のfx取引に、オセアニア通貨の動向と見通しについて最新の投資情報を毎朝夕お届けします。

13日アジア・オセアニア時間のオセアニア通貨は、続伸の展開

本日、ニュージーランド準備銀行(RBNZ)は金融政策決定を行い、

政策金利を現行の8.25%で据え置くことを決めた。

この決定はマーケットの予想通りであったが、その後ボラード総裁は

声明で、金融市場の不確実性が高まったことなどを強調する一方、

食品価格の高さと通貨安を理由にインフレへの警戒感を維持している

ことを表明した。

総裁は「最近のインフレ統計は、インフレ圧力が広範囲に及んでいる

ことを示しているが、ここ数週間の指標は、これまでの利上げによって

国内消費が鈍化し始めていることを示している。これはインフレ

圧力の緩和につながる。」と指摘、さらに「経済活動に基づく

輸出収入の増加やインフレの影響は、今年実施した利上げによって

おおむね相殺されると予想している。しかし、短期的には、

ニュージーランドドル安や食品価格上昇の影響でCPI上昇率が

加速する可能性がある。こうしたインフレの一時的な加速が、

中期的に価格決定や賃金決定に影響を与えないようにするのが重要だ」

と述べている。

これを受けてNZドルは堅調な展開となっている。

その後に、ニュージーランドの7月小売売上高の発表があり、

予想の0.3%上昇に対して横ばいとやや悪いデータとなったものの、

金融政策が決定された後だけに反応は限定的だった。



豪ドルも本日は堅調な足取りを続けている。

昨日、原油価格が80ドルを超えるなど商品市況が堅調となっている。

代表的な商品指数であるロイター・ジェフリーズCRB指数も上昇しており、

これが豪ドルを支える要因となっているとの指摘もある。
豪ドル/円は

96円台に強い抵抗があり、これが上値を抑えているが、この

レベルを上抜けることが出来るともう一段上昇余地が広がることが

期待できよう。



ドル/円に関しては完全に方向感をなくした動きとなっている。

現状113.70円~114.50円のどちらへ抜けるかがポイントといえそうだ。

もっとも、上値に関しては、これを抜けたとしても115円台には

抵抗が数多くあるため、上昇スピードはゆっくりとしたものとなりそうだ。 (H)






『初めてでも安心!マネースクウェア・ジャパンのFX取引』
   
お客様の平均年齢 44.2歳、FX取引初心者 60%以上(07年05月)
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━



これからFX取引を検討しようとしているあなたに、私達からひとつだけ

耳を傾けて聞いてほしいことがあります。


それは、

「儲けることだけを考えて、リスク管理方法を知らないまま、

 安易にFX取引を始めないで欲しい。」

ということです。


もしちゃんとした『リスク管理』ができていなかったら、

          ・
          ・
          ・

結果は目に見えています。


私達は、リスク管理を怠ったがために、即刻FX取引からの退場を

余儀なくされてしまった、多くの投資家を目の当たりにしてきました。


資産運用で始めたつもりが、いつの間にかマネーゲームと化して

しまったことに気づかない人さえいるのです。



しかし、FX取引からの退場を余儀なくされてしまった投資家が多く

いる反面、継続的に成功しているFX取引者がいることも事実です。



成功と失敗。それらの違いは何でしょうか?

投資経験者が有利で、初心者は不利なのでしょうか?


いいえ。

必ずしもそうとは限りません。


続きを読む



本レポートは投資に関する断定的判断を提供するものではなく、また、その責任の一切を負うものではありません。投資判断はお客様ご自身でなさって頂けますようお願いいたします 。上記の為替レートは、参考レートです。
スポンサーサイト



テーマ:FX(外国為替証拠金取引) - ジャンル:株式・投資・マネー

  1. 2007/09/13(木) 17:41:26|
  2. オセアニアレポート