FC2ブログ

fx、豪ドル、NZドルに「オセアニアレポート」

マネースクウェア・ジャパン(M2J)がお送りする「オセアニアレポート」|豪ドル、NZドル、オセアニア通貨のfx取引に、オセアニア通貨の動向と見通しについて最新の投資情報を毎朝夕お届けします。

26日の海外時間のオセアニア通貨は、欧州・NY株の上昇に支えられて、連れ高の展開

26日の欧州時間のオセアニア通貨は、連日軟調推移していた欧州株が

オープン直後から堅調推移を見せたことで、高金利通貨である

オセアニア通貨買いに安心感が拡がった。これを受けて、オセアニア通貨は

円に対して、節目を上抜く展開や節目を境に攻防が続いた。豪ドル円は

今年7月20日ごろつけた高値と今年8月17日ごろつけた安値の61.8%戻し

レベルである99.50円をクリアーに上抜けていることから、上値を試す

展開が続いた。一方のNZドル円は86.00円へ乗せると、その後は86円を

挟んでもみ合いとなった。



NY時間に入ると、米8月耐久財受注の発表があり、予想マイナス4.0%に

対して、結果マイナス4.9%と事前予想を下回った。もともと、

耐久財受注は大きく振れやすい経済指標の一つと言えるが、前回値5.9%と

比較すると大幅に悪化した。しかしながら、10月以降の米金利の

利下げ期待感が強まった事で、株式市場にとっては買い材料となり、

結果的にNYダウなどの株価を下支えした。株価が安定的に推移する事で

リスク許容度が高まり、キャリートレードが活発化する格好で

オセアニア通貨は本日の高値を狙う動きとなった。豪ドル円は101.33円・

NZドル円は86.20円が本日海外時間の高値を更新した。NY時間引け値は

両通貨共に対円市場で、本日の高値圏でNY時間を引けた。



市場の注目は本日東京時間午後9時半頃に発表される米実質GDPや

米個人消費、および新築住宅販売件数に注目が集まっている。

そんな中、今週火曜日に発表された中古住宅販売件数がほぼ予想通りと

なったことで、新築住宅販売件数もほぼ予想通りとなるのではないかと

市場は予想しているようだ。いずれにせよ、経済指標発表が悪ければ、

金利引き下げ度合いが強くなる為、株価が持ち直しやすく、それに

連れて為替市場はリスク許容度が高まる為、オセアニア通貨にとっては

上昇する可能性がある。依然、大きな変動を見せているため、

注意が必要だろう。 (H)






『初めてでも安心!マネースクウェア・ジャパンのFX取引』
   
お客様の平均年齢 44.2歳、FX取引初心者 60%以上(07年05月)
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━



これからFX取引を検討しようとしているあなたに、私達からひとつだけ

耳を傾けて聞いてほしいことがあります。


それは、

「儲けることだけを考えて、リスク管理方法を知らないまま、

 安易にFX取引を始めないで欲しい。」

ということです。


もしちゃんとした『リスク管理』ができていなかったら、

          ・
          ・
          ・

結果は目に見えています。


私達は、リスク管理を怠ったがために、即刻FX取引からの退場を

余儀なくされてしまった、多くの投資家を目の当たりにしてきました。


資産運用で始めたつもりが、いつの間にかマネーゲームと化して

しまったことに気づかない人さえいるのです。



しかし、FX取引からの退場を余儀なくされてしまった投資家が多く

いる反面、継続的に成功しているFX取引者がいることも事実です。



成功と失敗。それらの違いは何でしょうか?

投資経験者が有利で、初心者は不利なのでしょうか?


いいえ。

必ずしもそうとは限りません。


続きを読む



本レポートは投資に関する断定的判断を提供するものではなく、また、その責任の一切を負うものではありません。投資判断はお客様ご自身でなさって頂けますようお願いいたします 。上記の為替レートは、参考レートです。
スポンサーサイト



  1. 2007/09/27(木) 09:20:50|
  2. オセアニアレポート