FC2ブログ

fx、豪ドル、NZドルに「オセアニアレポート」

マネースクウェア・ジャパン(M2J)がお送りする「オセアニアレポート」|豪ドル、NZドル、オセアニア通貨のfx取引に、オセアニア通貨の動向と見通しについて最新の投資情報を毎朝夕お届けします。

27日のアジア・オセアニア時間のオセアニア通貨は続伸、豪ドル/ドルは2ヶ月ぶりの高値をつける展開

本日は、ニュージーランド統計局が8月の住宅許可件数を発表した。

8月発表のデータは前月比15.5%の減少となっていたものが、今月では

5.8%の増加となり改善を示した。

このデータもNZドルを下支えする要因となっていたようだ。



昨日からのオセアニア通貨の上昇は本日も継続している。

豪ドル/ドルは2ヶ月ぶりの高値水準である0.87後半まで上昇しており、

7月の最高値0.88後半に手が届く動きとなってきている。

豪ドル/円も堅調な動きを続けており、上値抵抗の強い100円台を

突破101円台回復となっている。

米国株が上昇し、本日アジア株も堅調に推移していることから

リスク許容度が高まり、高金利通貨買いに安心感が強まっているとの

指摘がある。



昨日より豪ドル/円とユーロ/円の上昇が目立つ。

今後、金利が引き上げられる可能性のある通貨が買われているといえ、

クレジット危機に目が向いていたマーケットが、金利に目を戻しつつ

あるのかもしれない。

その意味では、米国の金利先安感との相乗効果で豪ドル/ドルの上昇余地は

大きくなっているのかもしれない。



オーストラリアのコステロ財務相は、米サブプライムローン問題による

影響はさらに広がり、米国の実体経済にも波及するとの見方を示した。

ただし、米国がリセッションに陥ったとしても、オーストラリア経済は

慎重に運営すれば強さを維持できるとも述べており、オーストラリア

先行きについての自信を示しているといえよう。



本日、明日と投資信託の設定が集中している。

そのなかの外貨投信に絡む円売りが円の上値を抑えていると見る向きもある。

投信の設定に関しては、9月30日に金融商品取引法が完全施行されるため、

駆け込み的に今月末の設定が大きくなっていると解説されている。

そのため逆に来月の設定は少なくなるとも言われており、円売り圧力も

若干弱まる可能性もあろう。 (T)






『初めてでも安心!マネースクウェア・ジャパンのFX取引』
   
お客様の平均年齢 44.2歳、FX取引初心者 60%以上(07年05月)
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━



これからFX取引を検討しようとしているあなたに、私達からひとつだけ

耳を傾けて聞いてほしいことがあります。


それは、

「儲けることだけを考えて、リスク管理方法を知らないまま、

 安易にFX取引を始めないで欲しい。」

ということです。


もしちゃんとした『リスク管理』ができていなかったら、

          ・
          ・
          ・

結果は目に見えています。


私達は、リスク管理を怠ったがために、即刻FX取引からの退場を

余儀なくされてしまった、多くの投資家を目の当たりにしてきました。


資産運用で始めたつもりが、いつの間にかマネーゲームと化して

しまったことに気づかない人さえいるのです。



しかし、FX取引からの退場を余儀なくされてしまった投資家が多く

いる反面、継続的に成功しているFX取引者がいることも事実です。



成功と失敗。それらの違いは何でしょうか?

投資経験者が有利で、初心者は不利なのでしょうか?


いいえ。

必ずしもそうとは限りません。


続きを読む



本レポートは投資に関する断定的判断を提供するものではなく、また、その責任の一切を負うものではありません。投資判断はお客様ご自身でなさって頂けますようお願いいたします 。上記の為替レートは、参考レートです。
スポンサーサイト



  1. 2007/09/27(木) 19:42:07|
  2. オセアニアレポート