FC2ブログ

fx、豪ドル、NZドルに「オセアニアレポート」

マネースクウェア・ジャパン(M2J)がお送りする「オセアニアレポート」|豪ドル、NZドル、オセアニア通貨のfx取引に、オセアニア通貨の動向と見通しについて最新の投資情報を毎朝夕お届けします。

1日の海外時間のオセアニア通貨は、一時的に反落するも、高値を更新する展開

欧州時間のオセアニア通貨は、豪州の金利先高感や本邦投信系の豪ドル需要を

背景とした豪ドル買いがアジア時間から堅調な推移を継続させ、NZドルも

連れる形で、上昇した。一時、豪ドル円は103.30円付近、NZドル円は

88.65円付近まで上昇するも、本邦輸出筋が為替予約を利用した売りを

投げている事やシティバンクがサブプライム絡みの損失により第3四半期の

収益が60%の減少と報じられた事から、オセアニア通貨はクロス円、

ストレート共に急激に反落した。豪ドル円は102.40円付近、NZドル円は

87.65円付近まで、豪ドル/ドルは0.8915ドル付近から 0.8850ドル付近、

NZドル/ドルは0.7665ドル付近から0.7580ドル付近まで下落した。



NY時間に入って下げ留まると、金利差に着目を置いた円キャリートレードが

意識され、本日海外時間の下落幅を完全に埋めるいわゆる往って来いとなった。

その途中で、米9月ISM製造業景況指数が若干事前予想よりも弱い結果発表がなされたが、

景気後退を示す50を割り込まなかった事で、市場は経済指標には無反応のまま

キャリートレード継続の展開となった。NYダウも堅調に推移して14000ドル台へ

回帰した事もクロス円全般的な上昇につながった。豪ドル円は高値103.58円をつけ、

約2ヶ月ぶりとなるレベルまで値を戻した。一方、NZドル円は高値88.84円をつけ、

7月24日につけた高値から8月17日につけた安値までの61.8%戻しにあたるレベルまで戻した。



本日はオセアニアからの目立った経済指標はない為、テクニカル的な

ポイントを意識した値動きとなりそうだ。豪ドル円は8月9日につけた

高値103.60円付近を挟んで、NZドル円は7月下旬につけた高値から

8月中旬につけた安値の61.8%戻しである88.80 円レベルを挟んでの攻防が

予測されるだろう。豪ドル/ドルの続伸などが特段目立っているので、

急激な値動きには注意が必要か。 (H)






『初めてでも安心!マネースクウェア・ジャパンのFX取引』
   
お客様の平均年齢 44.2歳、FX取引初心者 60%以上(07年05月)
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━



これからFX取引を検討しようとしているあなたに、私達からひとつだけ

耳を傾けて聞いてほしいことがあります。


それは、

「儲けることだけを考えて、リスク管理方法を知らないまま、

 安易にFX取引を始めないで欲しい。」

ということです。


もしちゃんとした『リスク管理』ができていなかったら、

          ・
          ・
          ・

結果は目に見えています。


私達は、リスク管理を怠ったがために、即刻FX取引からの退場を

余儀なくされてしまった、多くの投資家を目の当たりにしてきました。


資産運用で始めたつもりが、いつの間にかマネーゲームと化して

しまったことに気づかない人さえいるのです。



しかし、FX取引からの退場を余儀なくされてしまった投資家が多く

いる反面、継続的に成功しているFX取引者がいることも事実です。



成功と失敗。それらの違いは何でしょうか?

投資経験者が有利で、初心者は不利なのでしょうか?


いいえ。

必ずしもそうとは限りません。


続きを読む



当レポートは、投資や運用等の助言を行うものではありません。また、お客様に特定の商品をお勧めするものでもありません。上記の為替レートは、参考レートです。
スポンサーサイト



  1. 2007/10/02(火) 08:16:22|
  2. オセアニアレポート