FC2ブログ

fx、豪ドル、NZドルに「オセアニアレポート」

マネースクウェア・ジャパン(M2J)がお送りする「オセアニアレポート」|豪ドル、NZドル、オセアニア通貨のfx取引に、オセアニア通貨の動向と見通しについて最新の投資情報を毎朝夕お届けします。

11日アジア・オセアニア時間のオセアニア通貨は、小動きながらも底堅い動きを継続する展開

本日は、オーストラリア連邦統計局が9月の雇用統計を発表した。

この日発表されたデータでは、9月の就業者数(季節調整済み)は

前月比1万3000人増で市場予測の2万人増を若干下回ったが、8月の

就業者数が3万1900人増から3万4300人増に上方修正されたことで

雇用の底堅さが確認された。



また、失業率が4.2%と新たに33年ぶりの低水準を更新している。

これにより、オーストラリア準備銀行(RBA)が経済過熱とインフレ

の抑制のため追加利上げを行う必要が生じるとの指摘が強まっている。

このデータを受けて豪ドルは当初予想比減を材料にやや弱含んだもの

の、その後は底堅い動きを見せている。

もっとも、ここ数日続いているように上抜けの勢いはなく小動きの

展開となっている。

ただし、相場的にはそろそろ煮詰まってきており、上離れへの期待が

高まっている。



米格付け会社ムーディーズ・インベスターズ・サービスが本日、

日本国債の格付けを従来のA2からA1に引き上げることを発表した。

これまでのマーケットでは、格付けの変更は大きな材料視とされて

いたが、今回は同社が7月4日に日本国債の格付けを引き上げ方向で

見直すと発表して以降、格上げは既定路線になっており、改めて

材料視する空気はないためほとんど反応はなかった。




本日は、日銀の金融政策決定会合も行われ、金融政策は現行維持が

決定された。

水野審議委員以外は全員が現状維持となっており、予想通りではある

が、これで次回の利上げ期待も後退したとの見方で円がやや弱含む

展開となった。

また、日経平均が一時前日比300円を超える上昇となったことを受けて、

本日の米国株市場での上昇予想からクロス円が全般的に選好される

傾向にあった。

本日夕刻に行われる福井日銀総裁の会見で利上げに対する踏み込んだ

発言がない限り、円はじり安の傾向を辿る可能性が強いといえそうだ。 (T)





『初めてでも安心!マネースクウェア・ジャパンのFX取引』
   
お客様の平均年齢 44.2歳、FX取引初心者 60%以上(07年05月)
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━



これからFX取引を検討しようとしているあなたに、私達からひとつだけ

耳を傾けて聞いてほしいことがあります。


それは、

「儲けることだけを考えて、リスク管理方法を知らないまま、

 安易にFX取引を始めないで欲しい。」

ということです。


もしちゃんとした『リスク管理』ができていなかったら、

          ・
          ・
          ・

結果は目に見えています。


私達は、リスク管理を怠ったがために、即刻FX取引からの退場を

余儀なくされてしまった、多くの投資家を目の当たりにしてきました。


資産運用で始めたつもりが、いつの間にかマネーゲームと化して

しまったことに気づかない人さえいるのです。



しかし、FX取引からの退場を余儀なくされてしまった投資家が多く

いる反面、継続的に成功しているFX取引者がいることも事実です。



成功と失敗。それらの違いは何でしょうか?

投資経験者が有利で、初心者は不利なのでしょうか?


いいえ。

必ずしもそうとは限りません。


続きを読む



当レポートは、投資や運用等の助言を行うものではありません。また、お客様に特定の商品をお勧めするものでもありません。上記の為替レートは、参考レートです。
スポンサーサイト



  1. 2007/10/11(木) 18:14:53|
  2. オセアニアレポート