FC2ブログ

fx、豪ドル、NZドルに「オセアニアレポート」

マネースクウェア・ジャパン(M2J)がお送りする「オセアニアレポート」|豪ドル、NZドル、オセアニア通貨のfx取引に、オセアニア通貨の動向と見通しについて最新の投資情報を毎朝夕お届けします。

15日海外時間のオセアニア通貨は米国株の大幅下落により軟調。

東京時間から海外時間にかけて豪ドル円は若干上昇し106.60円

でスタートしたが、週初ということもあり方向感が無くロンドン時間

の始まりは106.50~106.90円レベルで小動きとなった。



ニューヨーク時間が始まっても大きな動き無く推移していたが、米国の

株式市場が開き米国株が下落し始めると高値圏にあった豪ドル円は

リスク許容度の低下から下落し105.50円レベルまで値を下げた。

この水準で落ち着いたように見えたがニューヨーク時間の午後に入ると

米国株が下落幅を広げたことで豪ドル円も再度下落、105.00円レベル

まで値を下げた。しかし105.00円レベルは最近3日間の安値圏であること

や米国株の下落も落ち着いたことで反発し105.50円レベルまで上昇して

ニューヨーククローズを迎えた。



またNZドル円も同じような値動きで、ロンドン時間の午前は90.70~

91.00円レベルで小動き、米国株が下落すると89.00円レベルまで値を

下げ、89.50円レベルまで反発して終わった。



15日早朝にNZの消費者物価の発表があり、前年比で1.8%とインフレ

ターゲットの1~3%内に収まる結果となった。NZは2008年に利下げする

と予想するアナリストもいるが原油など商品価格が高騰しているだけに

今回の消費者物価の結果だけでは金利動向を見極めるのは難しそうだ。 (H)





『初めてでも安心!マネースクウェア・ジャパンのFX取引』
   
お客様の平均年齢 44.2歳、FX取引初心者 60%以上(07年05月)
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━



これからFX取引を検討しようとしているあなたに、私達からひとつだけ

耳を傾けて聞いてほしいことがあります。


それは、

「儲けることだけを考えて、リスク管理方法を知らないまま、

 安易にFX取引を始めないで欲しい。」

ということです。


もしちゃんとした『リスク管理』ができていなかったら、

          ・
          ・
          ・

結果は目に見えています。


私達は、リスク管理を怠ったがために、即刻FX取引からの退場を

余儀なくされてしまった、多くの投資家を目の当たりにしてきました。


資産運用で始めたつもりが、いつの間にかマネーゲームと化して

しまったことに気づかない人さえいるのです。



しかし、FX取引からの退場を余儀なくされてしまった投資家が多く

いる反面、継続的に成功しているFX取引者がいることも事実です。



成功と失敗。それらの違いは何でしょうか?

投資経験者が有利で、初心者は不利なのでしょうか?


いいえ。

必ずしもそうとは限りません。


続きを読む



当レポートは、投資や運用等の助言を行うものではありません。また、お客様に特定の商品をお勧めするものでもありません。上記の為替レートは、参考レートです。





スポンサーサイト



テーマ:注目銘柄 - ジャンル:株式・投資・マネー

  1. 2007/10/16(火) 09:04:54|
  2. オセアニアレポート