FC2ブログ

fx、豪ドル、NZドルに「オセアニアレポート」

マネースクウェア・ジャパン(M2J)がお送りする「オセアニアレポート」|豪ドル、NZドル、オセアニア通貨のfx取引に、オセアニア通貨の動向と見通しについて最新の投資情報を毎朝夕お届けします。

23日のアジア・オセアニア時間のオセアニア通貨は、終日堅調な動き

昨日の反動のせいか、はたまた重要な経済指標が見当たらないせいか、

主要通貨を始め、オセアニア通貨も本日は概ね堅調な展開となった。

朝方こそ、やや円買いの動きが見られたものの、株価動向を睨みながら

徐々に円売りとなり、一時豪ドル円は102円台前半、キウイ円も86円台

前半まで上昇。対ドルでも昨日の下落分を埋めるかのようにじわじわ

上昇し、豪ドル/ドルは0.8920ドル台、NZドル/ドルも0.7530ドル台を

回復。



ドル円に関しても114円台後半、ユーロ円も163円台前半と、昨日と打

って変わって堅調に推移。ここで昨日のオセアニア・東京時間を振り

返ってみると、週末のNY株の大幅下落を受け、リスク回避の動きから

円買いがオセアニア時間から持ち込まれ、113円割れ寸前、ただその

水準からは本邦輸入筋の実需のドル買いとがっぷり四つにぶつかり、

日経平均の大幅下落をものともせず、その後は徐々に切り返しの動き

が強まり、朝方円買いを仕掛けた向きのストップを巻き込むと、ドル

円は114円台を回復するといった動きでありました。円買いを仕掛けた

向きは何らポジションを構築することなく、ロンドン・ニューヨーク

時間のあの第二幕の大相場を迎えたわけである。



結局のところ昨日の相場全体を見ていると、レートがかなり戻った点

からも市場関係者も偏ったポジション形成をやや嫌っているような感じ

がする。今月末のFOMCに市場の関心が集まり、米国の利下げを期待

する動きが次第に強まりつつあるものの、今後の明確なシナリオが

描けず、疑心暗鬼になっており、とりあえず、短期勝負を挑んでいる

のではないだろうかとの見方も出始めている。



これまでのところ本日の為替相場は堅調に推移してはいるものの、ユー

ロドルの上値が重くなると、昨日同様の動きになる可能性がある事には

要注意と言える。 (T)





『初めてでも安心!マネースクウェア・ジャパンのFX取引』
   
お客様の平均年齢 44.2歳、FX取引初心者 60%以上(07年05月)
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━



これからFX取引を検討しようとしているあなたに、私達からひとつだけ

耳を傾けて聞いてほしいことがあります。


それは、

「儲けることだけを考えて、リスク管理方法を知らないまま、

 安易にFX取引を始めないで欲しい。」

ということです。


もしちゃんとした『リスク管理』ができていなかったら、

          ・
          ・
          ・

結果は目に見えています。


私達は、リスク管理を怠ったがために、即刻FX取引からの退場を

余儀なくされてしまった、多くの投資家を目の当たりにしてきました。


資産運用で始めたつもりが、いつの間にかマネーゲームと化して

しまったことに気づかない人さえいるのです。



しかし、FX取引からの退場を余儀なくされてしまった投資家が多く

いる反面、継続的に成功しているFX取引者がいることも事実です。



成功と失敗。それらの違いは何でしょうか?

投資経験者が有利で、初心者は不利なのでしょうか?


いいえ。

必ずしもそうとは限りません。


続きを読む



当レポートは、投資や運用等の助言を行うものではありません。また、お客様に特定の商品をお勧めするものでもありません。上記の為替レートは、参考レートです。
スポンサーサイト



  1. 2007/10/23(火) 18:16:45|
  2. オセアニアレポート