FC2ブログ

fx、豪ドル、NZドルに「オセアニアレポート」

マネースクウェア・ジャパン(M2J)がお送りする「オセアニアレポート」|豪ドル、NZドル、オセアニア通貨のfx取引に、オセアニア通貨の動向と見通しについて最新の投資情報を毎朝夕お届けします。

26日の海外時間のオセアニア通貨は、欧州・NYダウ株の堅調推移に連れる形で上昇

対円市場で高金利通貨買いとなっていたアジア時間の勢いを

引き継いだまま欧州時間に入ると、本日の高値圏で一旦上昇

が一服した。NY時間に入るまでのオセアニア通貨は対円市場

でここ最近では珍しい小幅なレンジ内での推移となった。豪

ドル円は104.20円から104.60円付近、NZドル円は87.20円から

87.60円付近までのレンジ取引。



欧州株が後場にかけて、総じて上昇基調となった事から、資源国通貨

高金利通貨買いの地合いとなり、オセアニア通貨は対円市場で一段

高となり、高値を更新したが、米ミシガン大学消費者信頼感指数(10月

速報値)が予想82.0に対して、結果80.9となった事を受けて、リスク選好

だった市場も利食いによる高金利通貨売りが先行し、許容度の低下と

なった。これを受けてNZドル円は本日海外時間の安値87.03円まで下落

した。



米経済指標が弱含んだことを受けても、本日のNYダウ株価はプラス

水域を展開し、NY時間を前日比プラス134.78ドルで取引終了した。

このダウの回復に連れて、豪ドルは対円市場で104.85円と高値を

更新した。一方、NZドル円は本日海外時間の高値付近である87.55

円付近で取引を終了した。



因みに、豪ドルは対米ドル市場で23年ぶりとなる高値0.9176を更新し

た。高値更新の背景には、米経済指標の弱含みと商品相場の急騰が

考えられる。来週にはFOMCがあり、市場では0.5%の金利引き下げと

同時に公定歩合も引き下げるとの噂があり、これに伴いオセアニア

通貨は、対米ドル市場が対円市場を誘導する可能性が出てくる。

米雇用統計などもあり、材料が盛りだくさんとなっている為、急激な

値動きには注意が必要だろう。 (H)





『初めてでも安心!マネースクウェア・ジャパンのFX取引』
   
お客様の平均年齢 44.2歳、FX取引初心者 60%以上(07年05月)
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━



これからFX取引を検討しようとしているあなたに、私達からひとつだけ

耳を傾けて聞いてほしいことがあります。


それは、

「儲けることだけを考えて、リスク管理方法を知らないまま、

 安易にFX取引を始めないで欲しい。」

ということです。


もしちゃんとした『リスク管理』ができていなかったら、

          ・
          ・
          ・

結果は目に見えています。


私達は、リスク管理を怠ったがために、即刻FX取引からの退場を

余儀なくされてしまった、多くの投資家を目の当たりにしてきました。


資産運用で始めたつもりが、いつの間にかマネーゲームと化して

しまったことに気づかない人さえいるのです。



しかし、FX取引からの退場を余儀なくされてしまった投資家が多く

いる反面、継続的に成功しているFX取引者がいることも事実です。



成功と失敗。それらの違いは何でしょうか?

投資経験者が有利で、初心者は不利なのでしょうか?


いいえ。

必ずしもそうとは限りません。


続きを読む



当レポートは、投資や運用等の助言を行うものではありません。また、お客様に特定の商品をお勧めするものでもありません。上記の為替レートは、参考レートです。
スポンサーサイト



  1. 2007/10/29(月) 09:43:10|
  2. オセアニアレポート