FC2ブログ

fx、豪ドル、NZドルに「オセアニアレポート」

マネースクウェア・ジャパン(M2J)がお送りする「オセアニアレポート」|豪ドル、NZドル、オセアニア通貨のfx取引に、オセアニア通貨の動向と見通しについて最新の投資情報を毎朝夕お届けします。

29日海外時間のオセアニア通貨は、NY時間に入り利益確定の売り等もあり上値抑えられる展開

29日海外時間のオセアニア通貨は、日米欧および代表的な新興諸国の

株価やエネルギー資源などの商品市況が上昇した事から、高金利通貨

資源国通貨などでキャリートレードが目立つ展開となり、アジア時間に

引き続き対ドルおよび対円で上昇する展開となった。



NY時間に入ると先週来からの上昇ピッチが急であった事から利益確定

の売りが散見する展開となり、大幅な上昇は抑えられる格好となった。

とは言え海外時間全体では総じて底堅い展開を見せた事から、基本的

に上昇トレンドは持続中といえる。



豪ドル/ドルは0.9205-10ドル、豪ドル/円は105.65-70円、NZドル/ドル

は0.7680-85ドル、NZドル/円は88.10-15円でNYクローズを迎えた。




市場では、「市場を主導しているのは主に2国間の金利格差」との見方

が根強い。高金利通貨であるオセアニア通貨にとっては対ドルでも買

われやすく、対円でも買われやすいという強い地合いとなっている。



更に、エネルギーや貴金属等の市況上昇は、資源産出国であるオースト

ラリアにとってプラス材料であり、高金利+資源という、現時点で買われ

やすい要素が揃っている。




しかしながら、サブプライムローン問題をはじめとして、信用収縮

リスクが払拭されたという事は無く、上昇が目立つ分潜在的な売り

圧力は増している。特にここ最近の傾向として、株安等をきっかけ

とするキャリートレード巻き戻しが発生すると、対円では一日で2円

程度の下落も珍しくない。



今週は米FOMC、米雇用統計等大きな材料が控えており、思惑や結果

を巡って株価が乱高下しやすいと思われる。特に海外時間での急変

には注意したい。 (K)





『初めてでも安心!マネースクウェア・ジャパンのFX取引』
   
お客様の平均年齢 44.2歳、FX取引初心者 60%以上(07年05月)
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━



これからFX取引を検討しようとしているあなたに、私達からひとつだけ

耳を傾けて聞いてほしいことがあります。


それは、

「儲けることだけを考えて、リスク管理方法を知らないまま、

 安易にFX取引を始めないで欲しい。」

ということです。


もしちゃんとした『リスク管理』ができていなかったら、

          ・
          ・
          ・

結果は目に見えています。


私達は、リスク管理を怠ったがために、即刻FX取引からの退場を

余儀なくされてしまった、多くの投資家を目の当たりにしてきました。


資産運用で始めたつもりが、いつの間にかマネーゲームと化して

しまったことに気づかない人さえいるのです。



しかし、FX取引からの退場を余儀なくされてしまった投資家が多く

いる反面、継続的に成功しているFX取引者がいることも事実です。



成功と失敗。それらの違いは何でしょうか?

投資経験者が有利で、初心者は不利なのでしょうか?


いいえ。

必ずしもそうとは限りません。


続きを読む



当レポートは、投資や運用等の助言を行うものではありません。また、お客様に特定の商品をお勧めするものでもありません。上記の為替レートは、参考レートです。
スポンサーサイト



  1. 2007/10/30(火) 10:15:26|
  2. オセアニアレポート