FC2ブログ

fx、豪ドル、NZドルに「オセアニアレポート」

マネースクウェア・ジャパン(M2J)がお送りする「オセアニアレポート」|豪ドル、NZドル、オセアニア通貨のfx取引に、オセアニア通貨の動向と見通しについて最新の投資情報を毎朝夕お届けします。

6日アジア・オセアニア時間のオセアニア通貨は、利上げ観測に支えられ豪ドルは底堅い展開

本日は、オーストラリアニュージーランド銀行(ANZ)が10月の

ニュージーランド商品価格指数を発表した。

9月の0.4%上昇よりも大きい前月比1.8%上昇となり、インフレ圧力

の高まりを示唆するものとなった。

ただし、ここのところ原油価格を中心に商品市況が高騰を続けて

いたため、驚きはない。



また、本日はFRBのグリーンスパン前議長が、東京でビデオ講演し、

米住宅価格の下落は高水準の在庫が主要な懸念要因との見方を示した。

グリーンスパン前議長は、米国の住宅在庫の改善について楽観的では

ないとしたうえで、米国の金融市場は、過剰在庫の処理が進むかどう

かに依存している面があると指摘した。さらに、前議長は、ドル安の

経済への影響は中立との見方を示し、ドルは東アジアの通貨に対して

長期的に下落すると述べている。

ドル相場の下落についての質問に対しては、「米国の経常赤字が巨額

なためにドル相場が下落する、との見方は正しくない」と指摘してい

る。



為替マーケットは、新たな材料を見出すことが出来ずに膠着を続けて

いる。

サブプライム問題に絡む金融機関の損失への懸念などドル売りとする

要因は残るものの、現状水準から売り込んでいくにはドルは十分安く

なっているようにも見える。

また、豪ドル/円やNZドル/円などのクロス円を買い進むにも、やや

高所恐怖症的な状況にある。



本日から始まったオーストラリア準備銀行(RBA)の金融政策決定会合

では、11年ぶりの高水準である6.75%への金利引き上げが予想されて

いるため、豪ドルは底堅い推移となっている。

ただし、利上げは既にある程度織り込まれていることから、ここから

さらに豪ドルを買い上げるには躊躇があるようだ。

RBAの利上げ発表は、明日の朝になるが、利上げを好感してもう一段

上値を試すのか、材料出尽くしの利食いが先行するのか、現時点では

判断の難しいところといえるだろう (T)







『初めてでも安心!マネースクウェア・ジャパンのFX取引』
   
お客様の平均年齢 44.2歳、FX取引初心者 60%以上(07年05月)
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━



これからFX取引を検討しようとしているあなたに、私達からひとつだけ

耳を傾けて聞いてほしいことがあります。


それは、

「儲けることだけを考えて、リスク管理方法を知らないまま、

 安易にFX取引を始めないで欲しい。」

ということです。


もしちゃんとした『リスク管理』ができていなかったら、

          ・
          ・
          ・

結果は目に見えています。


私達は、リスク管理を怠ったがために、即刻FX取引からの退場を

余儀なくされてしまった、多くの投資家を目の当たりにしてきました。


資産運用で始めたつもりが、いつの間にかマネーゲームと化して

しまったことに気づかない人さえいるのです。



しかし、FX取引からの退場を余儀なくされてしまった投資家が多く

いる反面、継続的に成功しているFX取引者がいることも事実です。



成功と失敗。それらの違いは何でしょうか?

投資経験者が有利で、初心者は不利なのでしょうか?


いいえ。

必ずしもそうとは限りません。


続きを読む



当レポートは、投資や運用等の助言を行うものではありません。また、お客様に特定の商品をお勧めするものでもありません。上記の為替レートは、参考レートです。
スポンサーサイト



  1. 2007/11/06(火) 17:52:13|
  2. オセアニアレポート