FC2ブログ

fx、豪ドル、NZドルに「オセアニアレポート」

マネースクウェア・ジャパン(M2J)がお送りする「オセアニアレポート」|豪ドル、NZドル、オセアニア通貨のfx取引に、オセアニア通貨の動向と見通しについて最新の投資情報を毎朝夕お届けします。

21日アジア・オセアニア時間のオセアニア通貨は、本邦からの売りに豪ドルは本日も引き続き軟調な展開

本日は、朝方より本邦証券からの豪ドル売りが断続的に出ている

との指摘がある。明確な理由はないものの、ここのところ上値の

重さが際立っており、これを嫌気した投資家からの売りの可能性

もあろう。また、オーストラリアの金融機関がサブプライムローン

関連の損失を計上するのではないかとの噂も出ていたようで、

これも豪ドル売りの材料となったようだ。もっとも、この噂には

裏付けが無く、風聞の域を出ないものといえそうだ。



金価格の上昇が豪ドルを下支えする要因といえるが、本日に関しては

下値不安のほうが大きくなっているようだ。また、午後になってから

ドル/円が底堅かった109円ミドルを下抜けた。これは、日本株が軟調

な展開となっており、下げ幅が拡大してことが背景にある。日本株の

下落は株安の連鎖を連想させ、本日の海外市場でも株が軟調な足取

りとなってしまうと、円買い圧力が強まることになろう。ドル/円は109

円割れから断続的にストップロスの売りが入っているようであり、特に

108.50円前後にまとまっているとの指摘がある。このストップをヒット

するようであれば、105円を視野に入れた円高の進展を想定する必要

が出てきそうだ。



このドル/円の下落を受けて豪ドル/円も98円手前の水準から97円

割れまで押し下げられている。96円レベルは直近の安値水準であり、

重要な支持線となっている。このサポートが支えられれば100円への

戻しも期待できるが、これを下抜けてしまうと92円レベルがターゲット

となってしまうため、注意が必要といえよう。 (H)




ヘラクレス上場キャンペーン実施中!
クイズに答えてお気軽にご参加ください。

『株式会社マネースクウェア・ジャパンの
略称は○○○です。』


詳細はこちら





『初めてでも安心!マネースクウェア・ジャパンのFX取引』
   
お客様の平均年齢 44.2歳、FX取引初心者 60%以上(07年05月)
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━



これからFX取引を検討しようとしているあなたに、私達からひとつだけ

耳を傾けて聞いてほしいことがあります。


それは、

「儲けることだけを考えて、リスク管理方法を知らないまま、

 安易にFX取引を始めないで欲しい。」

ということです。


もしちゃんとした『リスク管理』ができていなかったら、

          ・
          ・
          ・

結果は目に見えています。


私達は、リスク管理を怠ったがために、即刻FX取引からの退場を

余儀なくされてしまった、多くの投資家を目の当たりにしてきました。


資産運用で始めたつもりが、いつの間にかマネーゲームと化して

しまったことに気づかない人さえいるのです。



しかし、FX取引からの退場を余儀なくされてしまった投資家が多く

いる反面、継続的に成功しているFX取引者がいることも事実です。



成功と失敗。それらの違いは何でしょうか?

投資経験者が有利で、初心者は不利なのでしょうか?


いいえ。

必ずしもそうとは限りません。


続きを読む



当レポートは、投資や運用等の助言を行うものではありません。また、お客様に特定の商品をお勧めするものでもありません。上記の為替レートは、参考レートです。

スポンサーサイト



  1. 2007/11/21(水) 18:06:22|
  2. オセアニアレポート