FC2ブログ

fx、豪ドル、NZドルに「オセアニアレポート」

マネースクウェア・ジャパン(M2J)がお送りする「オセアニアレポート」|豪ドル、NZドル、オセアニア通貨のfx取引に、オセアニア通貨の動向と見通しについて最新の投資情報を毎朝夕お届けします。

23日アジア・オセアニア時間のオセアニア通貨は、戻りきれず再度下値を試す展開

本日は、東京市場が休場で、米国は債券・株式市場が半日となることもあって、

模様眺めムードが強かった。閑散な中ドル売りが止まらない展開となって

いる。

ユーロ/ドルは1.49台に乗せ高値を更新する動きで、1.50が視野に入って

きている。

ドル/円もついに下値抵抗の108.00円を割り込んでしまい、ドルの弱さが

際立っている。


豪ドルはリスク回避ムードが継続しているため、上値の重い展開が続いている。

豪ドル/ドルはドルの弱さに助けられて0.88レベルへ戻す局面もあったが、

0.88台をしっかりと回復することができなかったことから、再び0.87割れへ

通し戻されてしまった。この背景には、豪ドル/円の売り圧力もあったといえよう。

豪ドル/円は昨日95円台に戻したものの、戻りは一過性であり、再び下値を試す

展開となっている。92円のサポートが守り切れるかどうかが目先のカギとなり、

これを割り込むと下値リスクが高くなるため要注意といえよう。


ドル/円が108円を割り込んだことで、ドルの先安観が一段と高まっている。

しかし、テクニカルにはドルは売られ過ぎの局面まで来ており、ここから

戻りなく下げ続けるかどうかは疑問がある。同様にオセアニア通貨も対円では、

今回の下落セッションの終りに近いのではないかと考えられる。本日の

海外の引け方にもよるが、来週初もう一段の下押しムードが強まってしまう

ことが考えられるものの、ここからはあまり突っ込んでいきたくはない

ところだろう。基本戦略は自律反発を待っての戻り売りが有効といえよう。


さて、本日の海外市場では株式市場への注目が続くことになる。半日立ち会い

で閑散が予想されるものの、続落となるのか連鎖安を止めることができるのか、

その結果によって来週初の為替相場も左右されることになるため要注目と

いうことになるのだろう。 (H)




ヘラクレス上場キャンペーン実施中!
クイズに答えてお気軽にご参加ください。

『株式会社マネースクウェア・ジャパンの
略称は○○○です。』


詳細はこちら





『初めてでも安心!マネースクウェア・ジャパンのFX取引』
   
お客様の平均年齢 44.2歳、FX取引初心者 60%以上(07年05月)
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━



これからFX取引を検討しようとしているあなたに、私達からひとつだけ

耳を傾けて聞いてほしいことがあります。


それは、

「儲けることだけを考えて、リスク管理方法を知らないまま、

 安易にFX取引を始めないで欲しい。」

ということです。


もしちゃんとした『リスク管理』ができていなかったら、

          ・
          ・
          ・

結果は目に見えています。


私達は、リスク管理を怠ったがために、即刻FX取引からの退場を

余儀なくされてしまった、多くの投資家を目の当たりにしてきました。


資産運用で始めたつもりが、いつの間にかマネーゲームと化して

しまったことに気づかない人さえいるのです。



しかし、FX取引からの退場を余儀なくされてしまった投資家が多く

いる反面、継続的に成功しているFX取引者がいることも事実です。



成功と失敗。それらの違いは何でしょうか?

投資経験者が有利で、初心者は不利なのでしょうか?


いいえ。

必ずしもそうとは限りません。


続きを読む



当レポートは、投資や運用等の助言を行うものではありません。また、お客様に特定の商品をお勧めするものでもありません。上記の為替レートは、参考レートです。
スポンサーサイト



  1. 2007/11/23(金) 17:30:53|
  2. オセアニアレポート