FC2ブログ

fx、豪ドル、NZドルに「オセアニアレポート」

マネースクウェア・ジャパン(M2J)がお送りする「オセアニアレポート」|豪ドル、NZドル、オセアニア通貨のfx取引に、オセアニア通貨の動向と見通しについて最新の投資情報を毎朝夕お届けします。

27日海外時間のオセアニア通貨は、NYダウの大幅上昇によるリスク許容度の拡大から堅調に推移

27日海外時間のオセアニア通貨はNYダウの上昇によるリスク許容度

の拡大から円キャリー取引が促進された結果、対円で堅調に推移した。

東京時間に発表されたアブダビ投資庁のシティグループへの出資を

受け、寄付きからダウは堅調に推移。一時は200ドルを越える上げ幅

となりドル円・クロス円は軒並み上昇。昨日発表された11月米消費者

信頼感指数は、燃料価格の高騰と住宅価格の低下が響いたようで87.3

とコンセンサス91.0を下回る結果となったものの影響は限定的。05年

10月のハリケーン「カトリーナ」襲来後以来の最低水準の結果にも

関わらずドル円・クロス円ともにジリジリと値を上げる動きを見せた。


 
クロス円の中でも目立った上昇を見せた通貨がオセアニア通貨。昨日

の海外時間での下落分が大きかったせいか、主要通貨の対円上昇率

でオージー円とキウイ円が上位となった。



また対ドルでの値動きを見ると、主要通貨のなかで対ドルのリターン

がプラスだった通貨は豪ドルとNZドルのみ。キャリー取引が促進され

た中で高金利通貨が選好された結果と言えよう。



明日の東京時間午前0時には米中古住宅販売件数、早朝にはベージュ

ブックが発表となる。特にベージュブックに関しては来月開催のFOMC

での金融政策の判断材料として重要視されるだけに、注意が必要。

引き続きドルの先安観が拭えない中、内容がネガティブだとすれば

景気後退懸念の不安心理から、オセアニア通貨は堅調に推移した

分だけ利益確定の売りが先行する可能性があるため注意が必要だ。 (Y)




ヘラクレス上場キャンペーン実施中!
クイズに答えてお気軽にご参加ください。

『株式会社マネースクウェア・ジャパンの
略称は○○○です。』


詳細はこちら





『初めてでも安心!マネースクウェア・ジャパンのFX取引』
   
お客様の平均年齢 44.2歳、FX取引初心者 60%以上(07年05月)
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━



これからFX取引を検討しようとしているあなたに、私達からひとつだけ

耳を傾けて聞いてほしいことがあります。


それは、

「儲けることだけを考えて、リスク管理方法を知らないまま、

 安易にFX取引を始めないで欲しい。」

ということです。


もしちゃんとした『リスク管理』ができていなかったら、

          ・
          ・
          ・

結果は目に見えています。


私達は、リスク管理を怠ったがために、即刻FX取引からの退場を

余儀なくされてしまった、多くの投資家を目の当たりにしてきました。


資産運用で始めたつもりが、いつの間にかマネーゲームと化して

しまったことに気づかない人さえいるのです。



しかし、FX取引からの退場を余儀なくされてしまった投資家が多く

いる反面、継続的に成功しているFX取引者がいることも事実です。



成功と失敗。それらの違いは何でしょうか?

投資経験者が有利で、初心者は不利なのでしょうか?


いいえ。

必ずしもそうとは限りません。


続きを読む



当レポートは、投資や運用等の助言を行うものではありません。また、お客様に特定の商品をお勧めするものでもありません。上記の為替レートは、参考レートです。
スポンサーサイト



  1. 2007/11/28(水) 09:17:13|
  2. オセアニアレポート