FC2ブログ

fx、豪ドル、NZドルに「オセアニアレポート」

マネースクウェア・ジャパン(M2J)がお送りする「オセアニアレポート」|豪ドル、NZドル、オセアニア通貨のfx取引に、オセアニア通貨の動向と見通しについて最新の投資情報を毎朝夕お届けします。

30日アジア・オセアニア時間のオセアニア通貨は、昨日につづき方向感なく小動きの展開

本日は、オーストラリア連邦統計局が第3四半期の経常収支を発表した。

市場予想の164億豪ドルの赤字よりも改善した155億8700万豪ドルとなった。

純輸出が同期の経済成長の足を引っ張らなかったことも豪ドルを支える

要因となっていたようだ。



また、FRBのバーナンキ議長が、ここ数週間で金融市場の緊張が再燃し、

米経済見通しを鈍化させたと発言、追加利下げの可能性を示唆したことが、

対ドルでオセアニア通貨を支えたという指摘もある。 同議長の発言を受け、

キャリー取引需要が盛り上がり、アジア株が軒並み上昇している。



豪ドルの下値を支える要因は多いものの、一段の上昇にはつながっていない。

昨日、米国株が高止まりしたものの週末にリスク軽減からポジションを

調整し反落するリスクがあることを懸念する声もある。



ここのところ、決定的な材料がなく方向感を失うマーケットが続いている。

株式市場の日々一喜一憂するムードも継続しており、中期的なポジションを

しっかりと取っていくというムードにはなりにくいのだろう。



本日で11月の相場が終わるが、予想に反し大きな動きとなり、特に円高が

進む結果となった。12月はだんだんとマーケットが薄くなっていくが、

これは逆に変動が大きくなる可能性がある。サブプライム関連の問題など

悪材料が続くようであれば、もう一段の円高も覚悟しなければならないだろうが、

新たな悪材料がなければ今月の下落分を調整する動きも期待できるかもしれない。 (T)




ヘラクレス上場キャンペーン実施中!
クイズに答えてお気軽にご参加ください。

『株式会社マネースクウェア・ジャパンの
略称は○○○です。』


詳細はこちら





『初めてでも安心!マネースクウェア・ジャパンのFX取引』
   
お客様の平均年齢 44.2歳、FX取引初心者 60%以上(07年05月)
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━



これからFX取引を検討しようとしているあなたに、私達からひとつだけ

耳を傾けて聞いてほしいことがあります。


それは、

「儲けることだけを考えて、リスク管理方法を知らないまま、

 安易にFX取引を始めないで欲しい。」

ということです。


もしちゃんとした『リスク管理』ができていなかったら、

          ・
          ・
          ・

結果は目に見えています。


私達は、リスク管理を怠ったがために、即刻FX取引からの退場を

余儀なくされてしまった、多くの投資家を目の当たりにしてきました。


資産運用で始めたつもりが、いつの間にかマネーゲームと化して

しまったことに気づかない人さえいるのです。



しかし、FX取引からの退場を余儀なくされてしまった投資家が多く

いる反面、継続的に成功しているFX取引者がいることも事実です。



成功と失敗。それらの違いは何でしょうか?

投資経験者が有利で、初心者は不利なのでしょうか?


いいえ。

必ずしもそうとは限りません。


続きを読む



当レポートは、投資や運用等の助言を行うものではありません。また、お客様に特定の商品をお勧めするものでもありません。上記の為替レートは、参考レートです。
スポンサーサイト



  1. 2007/11/30(金) 17:25:21|
  2. オセアニアレポート