FC2ブログ

fx、豪ドル、NZドルに「オセアニアレポート」

マネースクウェア・ジャパン(M2J)がお送りする「オセアニアレポート」|豪ドル、NZドル、オセアニア通貨のfx取引に、オセアニア通貨の動向と見通しについて最新の投資情報を毎朝夕お届けします。

28日海外時間のオセアニア通貨は、両通貨とも対円で年初来高値を更新。

28日海外時間のオセアニア通貨は、対円でそれぞれ年初来高値を更新する展開を見せた。

ロンドン時間に外為市場では「欧州勢がキャリートレードを意識した思惑的な円売りからスタートしているようだ」との声もあり、円が主要通貨に対して売りを先行させる動きが見られた。また同時にECBメンバーのメルシュ・ルクセンブルク中央銀行総裁からは「政策金利は依然として低水準、緩和基調」「力強い経済と流動性がインフレのリスク」というタカ派な発言があったことからユーロドルの買いが優勢となり、その影響からドルも円以外の主要通貨に対して売りが台頭したことから、オセアニア通貨は対ドル・対円ともに値を伸ばす推移を続けることとなった。

NY時間に入ると米経済指標の好結果からドルが若干買い戻される場面を見せるも、円が本日の最弱通貨という図式は変わらず、対円でのオセアニア通貨は続伸した。まず豪ドル円が年初来高値を更新する94 円台を示現すると、その後にNZドル円も実に約1年ぶりとなる84円台で取引される場面を見せることとなった。引けにかけては若干調整されるものの、両通貨ともほぼ高値圏で本日の取引を終えている。 (K)

本レポートは投資に関する断定的判断を提供するものではなく、また、その責任の一切を負うものではありません。投資判断はお客様ご自身でなさって頂けますようお願いいたします 。上記の為替レートは、参考レートです。
スポンサーサイト



  1. 2006/12/29(金) 08:30:57|
  2. オセアニアレポート