FC2ブログ

fx、豪ドル、NZドルに「オセアニアレポート」

マネースクウェア・ジャパン(M2J)がお送りする「オセアニアレポート」|豪ドル、NZドル、オセアニア通貨のfx取引に、オセアニア通貨の動向と見通しについて最新の投資情報を毎朝夕お届けします。

2日海外時間のオセアニア通貨は、豪ドルで断続的に買いが入った模様で堅調に推移。

2日海外時間のオセアニア通貨は、海外市場も含め全般的に市場参加者が少なく、主だった経済指標の発表や要人発言も行われない中で動意は乏しい展開となった。2国間の金利差をテーマとしたオセアニア通貨買いのフローが続く格好となり、オセアニア通貨は対ドル、対円ともに堅調に推移した。

その中でも特に豪ドルは対円および対ドル共に上昇が目立つ展開となった。ファンド筋と見られる豪ドル買いがNY時間に入ってきたことで、対ドルおよび対円共に続伸する展開となった。豪ドル/ドルは一時高値で0.7968ドルまで上昇し、豪ドル/円も同様に94.62円まで上昇した。利食いの売りに押し戻される事も無くほぼ本日の高値でクローズを迎える格好となった。

NZドルは豪ドルほどの動意は見られなかったものの、NZドル/ドルは0.70ドル台後半で、NZドル/円は84円を挟んで底堅く推移した。

NYクローズは、豪ドル/ドルは0.7955-60ドル、豪ドル/円は84.55-60円、NZドル/ドルは0.7075-80ドル、NZドル/円は84.00-05円で迎えた。

明日朝6:45分にニュージーランドの貿易収支が発表される。昨年後半NZドルが上昇して以降、カレン財務省がNZドル高牽制発言を度々行っているが現状では為替相場には大きな影響を与えていない。

しかしながら、潜在的にNZドル相場にとっては下向きのリスクになる可能性をはらんでいるので、ニュージーランドの金融当局者の「口先介入」とも取れる内容の発言には警戒したい。 (H)


本レポートは投資に関する断定的判断を提供するものではなく、また、その責任の一切を負うものではありません。投資判断はお客様ご自身でなさって頂けますようお願いいたします 。上記の為替レートは、参考レートです。
スポンサーサイト



  1. 2007/01/03(水) 07:59:30|
  2. オセアニアレポート