FC2ブログ

fx、豪ドル、NZドルに「オセアニアレポート」

マネースクウェア・ジャパン(M2J)がお送りする「オセアニアレポート」|豪ドル、NZドル、オセアニア通貨のfx取引に、オセアニア通貨の動向と見通しについて最新の投資情報を毎朝夕お届けします。

3日海外時間のオセアニア通貨は、豪ドルは反落、NZドルは続伸とマチマチで推移

3日海外時間のオセアニア通貨は、豪ドルは利益確定の売り等にも押され反落したものの、NZドルはコンセンサスを下回る貿易赤字額などが買い材料となりNZドルは続伸となった。

豪ドルは昨日からファンド筋と見られる買いが断続的に入り、ロンドン時間に豪ドル/ドルで95円台をつけ、高値で95.01円まで上昇した。また、対ドルでも0.8ドル台に接近する動きも見られ、高値で0.7977ドルまで上昇した。

NY 時間に入り、米経済指標であるISM製造業景況指数がコンセンサスを上回る強い内容であった事から対ドルで一気に売られる展開となり、反落する格好となった。豪ドル/ドルはISMの指標発表後に安値0.7903ドルまで急落し、その後も本日の安値圏で推移した。対円でも、ドル円相場の上昇以上に対ドルでの下落幅が大きかったことからこちらもISMの指標発表後に安値をつける流れとなった。一時94円台ミドルを割り込み安値で94.44円まで下落した。

一方、NZドルは、豪ドルのような急騰が見られなかった分、底堅く推移した。今朝6:45に発表された貿易赤字額が、コンセンサスで8.4億NZD赤字に対して結果が7.85億NZD赤字となり、赤字額が減少したことからNY時間引けにかけても対ドルおよび対円共に確りと推移する展開となった。

NYクローズは、豪ドル/ドルは0.7915-20ドル、豪ドル/円は94.50-55円、NZドル/ドルは0.7090-95ドル、NZドル/円は84.35-40円で迎えた。 (H)

本レポートは投資に関する断定的判断を提供するものではなく、また、その責任の一切を負うものではありません。投資判断はお客様ご自身でなさって頂けますようお願いいたします 。上記の為替レートは、参考レートです。
スポンサーサイト



  1. 2007/01/04(木) 07:53:20|
  2. オセアニアレポート