fx、豪ドル、NZドルに「オセアニアレポート」

マネースクウェア・ジャパン(M2J)がお送りする「オセアニアレポート」|豪ドル、NZドル、オセアニア通貨のfx取引に、オセアニア通貨の動向と見通しについて最新の投資情報を毎朝夕お届けします。

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
  1. --/--/--(--) --:--:--|
  2. スポンサー広告

22日の海外時間のオセアニア通貨は原油高の一服感による調整の動きに

海外時間の対円でのオセアニア通貨は、東京時間の流れを引き継ぎ

比較的堅調な動きを維持している。特にニュージーランドについては、

カレン財務相の同国経済の2010年にかけてのGDP回復見通しに関

する発言や2011年までの減税規模が107億NZドルに及ぶとの見通し

が示されたことがNZドルのサポート要因になっている。



また、さらに減税による景気刺激は2008年/2009年のGDPの2.3%規

模に相当するとの発表したことや、個人所得税の段階的な引き下げ

を実施するとの発言など、景気対策を主眼とした減税策が好感され

NZドルが対ドル・対円ともに堅調。



瞬間的に売りが入る場面もあったものの、売り一巡後はNZドル/ドルは

0.7763ドルレベルから0.7887ドルレベルまで上昇、またNZドル/円は79

.86円レベルから81.83円レベルまでの調整を伴った動きとなった。



減税の内容に関しては個人所得の段階的な引き下げのほか、在外NZ

企業に対する法人税の免除も含まれていたため、海外からの資金の還

流(レパトリ)も期待でき、また減税規模が予想以上との見方もあり、利下

げ観測が遠のいたとの指摘もあった。



海外時間に米新規失業保険申請件数(5月18日の週)の発表があり、事前

予想の37.3万件を下回る結果(36.5万件)だったことが好感されたことにより

ドルが上昇し、前日までのリスク回避の円買い・ドル売りフローが若干弱ま

った形に。豪ドルは対ドルでは軟調に推移し、0.96ドル台ミドルから0.95ドル

台ミドルまで下げた。



また連日高値を更新しているNYMEX原油先物相場がこの日一服の様相を

呈したこともあり、コモディティ通貨として積極的に買われていた豪ドルもこの

日は対ドルでは頭が重く、調整の動きに終始した格好になった。 (H)


repeat_ch 



日本一のFXブログ管理人M2Jを読者にすすめる
            本当の理由 とは



『大好評! マネースクウェア・ジャパンのFX取引』
効率的な資産運用を行いたい人から絶大の支持を得ています!
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
最高月額29.6万円――最低月額12.9万円
(厚生労働省「年金制度改定について」)

あなたはこの「数字」ピンときますか?

これは年金支給額の上限下限

就業パターンによってこれほどまでにもらえる額は変わってきます。


一方、
「ゆとり」のある老後生活のためには、月38万円の生活費が必要だ

と考える人が多いとの結果が出ています。
(生活保険文化センター「生活保障に関する調査」平成16年度)

その差額、おおよそ10万円

もしあなたが年金を最高額もらえたとしても。

これだけ必要額との差があります。


“いよいよ『資産運用』をしないといけない時代の到来だ。”

団塊世代の人たち向けに、

このような言葉がうたわれるようになりました。

でも正直なところ


「たくさんの情報がありすぎるから、
何を信じてどう動いたら良いのか分からない」



と、感じていませんか。

M2Jは資産運用初心者の方には、

まずFXを知ってもらうことから始めています。

新しい価値観の時代に、もう古い手法では通用しません。

だとすれば、その取引を
じっくり検討・納得したうえで、決断をしていただきたい。

お客様の価値判断を手伝うサービスが、

たくさんの方から共感を得ています。


外国為替証拠金(FX)取引はM2Jが初めて……60
●お客様平均年齢……45.4
●大切な資産を安心して預けられる……62
●セミナーの充実・質の高いレポートに満足……58
(M2J「お客様調査」)



……M2Jが選ばれる理由はこちら


当レポートは、投資や運用等の助言を行うものではありません。また、お客様に特定の商品をお勧めするものでもありません。上記の為替レートは、参考レートです。

スポンサーサイト
  1. 2008/05/23(金) 09:16:11|
  2. オセアニアレポート

FC2Ad

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。