fx、豪ドル、NZドルに「オセアニアレポート」

マネースクウェア・ジャパン(M2J)がお送りする「オセアニアレポート」|豪ドル、NZドル、オセアニア通貨のfx取引に、オセアニア通貨の動向と見通しについて最新の投資情報を毎朝夕お届けします。

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
  1. --/--/--(--) --:--:--|
  2. スポンサー広告

18日海外時間のオセアニア通貨は、米株安・原油高を背景にジリジリと上昇

18日の海外時間、特段目立った経済指標が無かった事から、

市場の注目はモルガン・スタンレーの決算発表や原油先物

価格、米株式市場に集まっていた。



そんな中、モルガン・スタンレーは3-5月期の決算発表を行い、

1株あたり0.95ドルの利益と事前予想(0.92ドル)を若干上回

る発表を行うも、大幅な減益となった事をマーケットは嫌った。

更に、米地銀の減配・増資発表を受けて、信用不安が再燃し、

8月以降のフェデラルファンド先物金利利上げ織り込み度が低

下している事を受け、米ドル売りが優勢となった。



米ドル売りの更なる追い討ちをかけたのが、NY原油先物相場で

の上昇で、NY原油先物7月限は前日比2.67ドル高の1バレル

あたり136.68ドルで取引を終了した。終値ベースで上昇している

要因は、ナイジェリアのシェブロンで精油所労働者がストを決行し

そうだとの情報が流れた事や連日お伝えしている22日のサウジ

アラビアでの消費国と産油国の国際会議(ジッダ会議)での増産

発表に対する期待感で上下動を繰り返していた。



そして、ダウ平均が3月以来の12000ドル台を割れる局面を迎え

るなどしたことで、オセアニア通貨の対米ドル市場は、本日海外

時間に記録した安値から反発をみせ、本日海外時間に記録した

高値までジリジリと上昇した。豪ドル/米ドルは0.9405ドル付近

から0.9470ドル付近まで、NZドル/米ドルは0.7539ドル付近から

0.7596ドル付近まで上昇した。



一方のオセアニア通貨の対円市場は、本日のアジア時間に記録

した安値から一転し、本日海外時間に高値を更新した。豪ドル円

は101.71円付近から102.15円付近まで、NZドル円は81.49円

付近から81.87円付近まで上昇した。



米大手金融機関からの決算発表が一旦出尽くした形となり、今後

の市場の材料としては、金利の先行き動向や原油先物の動向、

政治的要素を含んだ要人発言などに焦点がしばらくの間は当たる

のではないでしょうか。経済指標発表直後は、荒っぽい値動きと

なりやすいので、引き続き注意が必要だろう。 (H)



repeat_ch 



        LONG  LIFE  FX
 FXとの最適なお付き合い方法を丁寧にご提案いたします。
現役のファンドマネージャーもお勧めする、M2Jのサービス方針はこちら>>




『大好評! マネースクウェア・ジャパンのFX取引』
効率的な資産運用を行いたい人から絶大の支持を得ています!
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
最高月額29.6万円――最低月額12.9万円
(厚生労働省「年金制度改定について」)

あなたはこの「数字」ピンときますか?

これは年金支給額の上限下限

就業パターンによってこれほどまでにもらえる額は変わってきます。


一方、
「ゆとり」のある老後生活のためには、月38万円の生活費が必要だ

と考える人が多いとの結果が出ています。
(生活保険文化センター「生活保障に関する調査」平成16年度)

その差額、おおよそ10万円

もしあなたが年金を最高額もらえたとしても。

これだけ必要額との差があります。


“いよいよ『資産運用』をしないといけない時代の到来だ。”

団塊世代の人たち向けに、

このような言葉がうたわれるようになりました。

でも正直なところ


「たくさんの情報がありすぎるから、
何を信じてどう動いたら良いのか分からない」



と、感じていませんか。

M2Jは資産運用初心者の方には、

まずFXを知ってもらうことから始めています。

新しい価値観の時代に、もう古い手法では通用しません。

だとすれば、その取引を
じっくり検討・納得したうえで、決断をしていただきたい。

お客様の価値判断を手伝うサービスが、

たくさんの方から共感を得ています。


外国為替証拠金(FX)取引はM2Jが初めて……60
●お客様平均年齢……45.4
●大切な資産を安心して預けられる……62
●セミナーの充実・質の高いレポートに満足……58
(M2J「お客様調査」)



……M2Jが選ばれる理由はこちら


当レポートは、投資や運用等の助言を行うものではありません。また、お客様に特定の商品をお勧めするものでもありません。上記の為替レートは、参考レートです。

スポンサーサイト
  1. 2008/06/19(木) 08:58:51|
  2. オセアニアレポート

FC2Ad

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。