FC2ブログ

fx、豪ドル、NZドルに「オセアニアレポート」

マネースクウェア・ジャパン(M2J)がお送りする「オセアニアレポート」|豪ドル、NZドル、オセアニア通貨のfx取引に、オセアニア通貨の動向と見通しについて最新の投資情報を毎朝夕お届けします。

22日の海外時間のオセアニア通貨は豪ドル円は「行って来い」もNZドル円は堅調に推移

東京時間は大きな値動きの無かったオセアニア通貨だったが、ロンドン時間に

入ると先週に発表された経済指標が悪かったことで出遅れていたNZドル円が

割安感からか上値を伸ばす結果となった。豪ドル円は95.80円レベルで海外時間を

スタート。日中にオーストラリア株式相場のASX200指数が最高値を更新した

ことや、先週末に原油価格が大きく上昇したこともあり堅調に推移し

96.10円レベルまで値を伸ばした。しかし年始に押し目を付けた以降、

一方的に上昇してきていることや節目である96円を突破した達成感からか

弱含み95.80円レベルまで押し返されることとなった。一方のNZドル円は

84.40円レベルで海外時間をスタート。他のクロス円と比べると出遅れ感がある

NZドル円はただでさえ高金利ということもあり円キャリートレードが進み

85.10円レベルまで上昇、その後も85.00円レベルで底堅く推移した。



オーストラリアの輸出企業の間に為替ヘッジを強化する動きが広がっている。

豪ドルが10年ぶりの高値に迫ってきている為、企業の利益を脅かしている

ことが原因にあるようだ。


一部では「為替動向によって損益の明暗が分かれるかもしれない。予断を

許さない状況だ」という声もあり、現在の豪ドル高が景気に悪影響を

及ぼさないか心配なところである。 (H)


オセアニア通貨の運用はこちら、、、


本レポートは投資に関する断定的判断を提供するものではなく、また、その責任の一切を負うものではありません。投資判断はお客様ご自身でなさって頂けますようお願いいたします 。上記の為替レートは、参考レートです。
スポンサーサイト



  1. 2007/01/23(火) 07:08:06|
  2. オセアニアレポート